2007年03月31日

神戸の連続児童殺傷事件、加害者から遺族に謝罪の手紙

1997年に神戸市須磨区で起きた連続児童殺傷事件で殺害された山下彩花(あやか)ちゃん(当時10歳)の遺族に、当時14歳だった加害男性(24)から謝罪の手紙が届いていたことがわかった。

 手紙は、医療少年院を仮退院中の2004年8月に2通届いて以来。男性は今後も償いを続ける意志は示したが、今後の謝罪のあり方については触れていないという。彩花ちゃんの母京子さん(51)は「悲しいくらい誠意が見えない状態が続いている。もう少し具体的な謝罪の方法を手紙で示してほしかった」と話している。

 遺族によると、29日に神戸市内で男性の両親らと面会した際、縦書きの便せん3枚にボールペンで書かれた直筆の手紙を渡された。詳細は明らかにしていないが、「申し訳ありませんでした」など謝罪の言葉が並んでいたという。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000404-yom-soci&kz=soci
posted by nwesty at 21:02 | 社会

陸自ヘリ墜落 乗員4人全員が死亡 鹿児島・徳之島

陸上自衛隊第1混成団(沖縄・那覇駐屯地)のCH47型輸送ヘリコプターが30日深夜、鹿児島県徳之島の天城岳北側に墜落した事故で、航空自衛隊の救難機が31日午前6時過ぎ、現場付近でローターとみられる部分を発見。鹿児島県警などによると、乗員4人全員の死亡が確認された。防衛省は31日、陸上幕僚監部内に事故調査委員会を設置した。同混成団所属機の急患搬送中の死亡事故は90年2月以来2件目。
 陸自第1混成団によると、ヘリに搭乗していたのは機長の建村善知(たてむらよしとも)3佐(54)=鹿児島県出身▽副操縦士の坂口弘一1尉(53)=佐賀県出身▽整備士の岩永浩一2曹(42)=長崎県出身▽藤永真司2曹(33)=大分県出身−−の4人。
 同団などによると、30日午後9時8分、徳之島地区消防組合から同団に急患搬送の要請があり、同団所属のCH47型ヘリが同49分、那覇空港を離陸。午後11時、悪天候による視界不良のため着陸地を当初予定していた徳之島総合グラウンドから徳之島空港に変更して針路を変えることを伝えてきたのが最後の交信だった。同11時6分、ヘリの機影がレーダーから消え、同23分に現地消防署員が山中での炎上を確認した。
 鹿児島地方気象台によると、徳之島周辺では事故当時、海上濃霧警報が出されていた。
 鹿児島県危機管理防災課によると、徳之島・伊仙町在住の70歳代の女性が胸部大動脈瘤(りゅう)破裂の手術を受けるため、同ヘリで徳之島徳洲会病院から沖縄県の病院へ搬送される予定だった。女性は31日午前、海上自衛隊鹿屋航空基地のヘリで救急搬送された。【三森輝久、川島紘一】
 ◇CH47 大型輸送用に開発され、回転翼を前後に配置したタンデムローター式を採用したヘリコプター。事故機は、航行距離を延ばした改良型で95年度から導入されたCH47JA。災害派遣に多用され、新潟県中越地震で住民救出や食糧輸送に使われた一方、スマトラ沖大地震では着陸時に回転翼が起こした強風で住民2人が負傷した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000024-maip-soci&kz=soci
posted by nwesty at 21:01 | 社会

輪島「門前町は元に戻らない」、能登半島地震1週間

高齢化が進む過疎地域に大きなつめ跡を残した能登半島地震から31日で1週間。石川県輪島市門前町地区(旧門前町)の中心商店街では、160年にわたって続く造り酒屋の酒蔵が崩れ、のれんを下ろす。

 化粧品店も、時計店も傾き、崩れた商品がいたる所に散乱。避難した住民の中にも、親族などを頼って市外へ移ろうと考えている人がいる。「もうこの町は元には戻らない」。住民らからは焦りの声も聞かれる。

 輪島市門前町走出の「総持寺通り商店街」。1845年(弘化2年)創業の造り酒屋「沢田酒造」の酒蔵は天井が落ち、母屋の柱も壁も大きく傾いた。

 「多額の借金を背負って再建しても先行きが見えない」と、13代目の沢田礼(あつし)さん(70)は、肩を落とす。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000104-yom-soci&kz=soci
posted by nwesty at 21:00 | 社会
2007年03月26日

携帯からの通報で発信位置を自動通知、ドコモが「緊急通報位置通知」を開始

NTTドコモグループ9社は26日、4月1日から「緊急通報位置通知」を導入すると発表した。

 「緊急通報位置通知」は、FOMA携帯から緊急通報(110番、118番、119番)が発信された際、通話が接続された緊急通報受理機関に対して、発信された場所に関する情報を自動的に通知するシステム。

 GPSを使った「緊急通報位置通知」に対応する機種(N903i・P903i・F903・D903i・SO903i・SH903iなど)では、GPS測位情報を利用し、それ以外の機種では、基地局情報(緊急通報時の基地局の住所や電波到達範囲などから算出する位置情報)を利用する。

 「緊急通報位置通知」機能を利用するためには、接続先となる緊急通報受理機関が、位置情報を受信できるシステムを導入する必要がある。そのため、地域により対応が異なる。対象地域は、順次拡大される予定。

 なお、「184」を付加してダイヤルするなど、通話ごとに非通知を設定した場合は、位置情報と電話番号は通知されない。ただし、緊急通報受理機関が人命の保護などが必要であると判断した場合は、機関側より位置情報と電話番号が取得できる。

 非常に便利な新システムだが、導入後であっても、もちろん発信場所や電波の受信状況により正確な位置を確認できないことはある。必ず口頭でも、発信場所や目標物などを伝えるようにしてほしい、とのことだ。

 なお2007年4月1日に導入される予定の地域は以下のとおり。

・警察機関(110番)
 北海道網走支庁管内、東京都(島しょ部の一部を除く)、神奈川県、愛知県、大阪府、奈良県
・海上保安庁(118番)
 全国
・消防機関(119番)[24道府県41消防本部]
 南渡島地区、小樽市、釧路市、胆江地区、横手市、東根市、上山市、石巻地区、栗原市、水戸市、かすみがうら市、川口市、所沢市、深谷市、船橋市、八千代市、富里市、厚木市、相模原市、新潟市、山県市、静岡市、菊川市、桑名市、四日市市、大津市、湖北地区、京都市、吹田市、茨木市、神戸市、姫路市、朝来市、浜田市、呉市、八女地区、春日・大野城・那珂川地区、長崎市、熊本市、国東市、大島地区


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000049-rbb-sci
タグ:ドコモ NTT
posted by nwesty at 21:13 | 社会

藍沢証券社員が1億500万円横領、刑事告訴へ

中堅証券の藍沢証券(本社・東京)は26日、社員(43)が会社が保有するゴルフ会員権などを勝手に売却し、約1億500万円を横領していたと発表した。

 社員は横領を認めているといい、近く解雇した上で警視庁に刑事告訴する方針としている。

 藍沢証券によると、この社員は経理部に所属していた03年5月以降、ゴルフ会員権5点、絵画15点などを勝手に処分し、合わせて約1億500万円を横領した。横領した金は高級クラブでの遊興費などに充てていたという。

 今月12日、社内調査で絵画などがなくなっていることが分かった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000515-yom-soci
タグ:藍沢証券
posted by nwesty at 21:07 | 社会
2007年03月21日

<村上ファンド公判>堀江被告が証言 検察側構図を否定

ニッポン放送株を巡るインサイダー取引事件で証券取引法違反に問われた村上ファンド前代表、村上世彰(よしあき)被告(47)の20日の東京地裁(高麗(こま)邦彦裁判長)公判に、ライブドア(LD)前社長、堀江貴文被告(34)=別の証取法違反事件で1審実刑、控訴=が弁護側証人として出廷した。前社長は「テレビの視聴率が落ちる中、大金を突っ込んでテレビ局の買収にかけるというのはいい経営判断とは思わず、迷っていた」と述べ、当初から同放送株取得に本気だったとする検察側構図を否定した。
 この公判にはこれまでLD前財務担当取締役、宮内亮治被告(39)ら元幹部が出廷したが、堀江前社長の出廷は初めて。
 前社長は、当時ニッポン放送の支配下にあったフジテレビなどテレビ局の経営権取得について「03年暮れごろからLDの時価総額も上がったが、米国みたいな買収は日本では受け入れられないなと思った」と証言。フジのほかテレビ朝日、テレビ東京、日本テレビについても社内で一時話題になったことを明かした。
 04年9月15日にLD側が同放送株買い集めを決めたとする検察側主張については「興味はあったが決めたことはない」と否定。LD側がインサイダー情報を伝えたとされる同11月8日の会議は「記憶にない。大事な会議なら覚えているはず」と証言し、同放送株の大量取得を決めたのは、05年2月に実際に買収した直前と述べた。村上前代表も直接尋問し、実刑判決を受けたばかりの堀江前社長に「ご自身が大変な時にお越し頂きありがとうございます」と述べた。【篠田航一、伊藤一郎】
 ◇堀江前社長、ジーパン姿で
 証人出廷した堀江前社長は、自らの公判で貫いたスーツ姿ではなく、Tシャツの上にうす紫のシャツを羽織り、白のジーパン姿。ペットボトルを手に持って入廷し、村上前代表に軽く会釈をすると、村上前代表も大きく会釈を返した。
 村上前代表の事件について、堀江前社長は昨年6月、東京地検特捜部の参考人聴取に「インサイダー取引に当たるとは思わない」と供述し、検察側構図を否定。一方、元側近の宮内被告は公判で「04年11月8日に(村上ファンド側に)ニッポン放送株の取得方針を伝えた。堀江も『よろしくお願いします』と言って、一番乗り気だった」と、インサイダー情報を伝えたと証言。LD公判での「堀江対宮内」の構図が、そのまま村上ファンド公判にも持ち込まれる形となった。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070320-00000048-mai-soci
posted by nwesty at 14:13 | 社会
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。