2007年03月31日

鉄人28号 白昼の残月

太平洋戦争が終結して約10年。戦後復興は順調に進み、少年探偵・金田正太郎と鉄人28号は難事件を解決し続けていた。だが、東京の地底に日本を壊滅させる程の威力を持った兵器が埋まっていることが発覚し…。

 今作は2004年に放送されたテレビ版をベースにしたアニメではあるが、正直、子供には難しすぎる。大人が楽しむために作られた作品だろう。原作の漫画が開始された昭和30年代を色濃く反映させ、時代に狂わされた若者の悲しき運命、戦争の負の遺産といった、経験を積んだ人にしか共感できないものが詰め込まれているからだ。こんな日本のために戦ったわけじゃない。そういったセリフの一つひとつが重く、心の奥底に響いてくる。31日公開。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000003-ykf-ent
posted by nwesty at 21:04 | エンターテイメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。