2007年03月31日

陸自ヘリ墜落 乗員4人全員が死亡 鹿児島・徳之島

陸上自衛隊第1混成団(沖縄・那覇駐屯地)のCH47型輸送ヘリコプターが30日深夜、鹿児島県徳之島の天城岳北側に墜落した事故で、航空自衛隊の救難機が31日午前6時過ぎ、現場付近でローターとみられる部分を発見。鹿児島県警などによると、乗員4人全員の死亡が確認された。防衛省は31日、陸上幕僚監部内に事故調査委員会を設置した。同混成団所属機の急患搬送中の死亡事故は90年2月以来2件目。
 陸自第1混成団によると、ヘリに搭乗していたのは機長の建村善知(たてむらよしとも)3佐(54)=鹿児島県出身▽副操縦士の坂口弘一1尉(53)=佐賀県出身▽整備士の岩永浩一2曹(42)=長崎県出身▽藤永真司2曹(33)=大分県出身−−の4人。
 同団などによると、30日午後9時8分、徳之島地区消防組合から同団に急患搬送の要請があり、同団所属のCH47型ヘリが同49分、那覇空港を離陸。午後11時、悪天候による視界不良のため着陸地を当初予定していた徳之島総合グラウンドから徳之島空港に変更して針路を変えることを伝えてきたのが最後の交信だった。同11時6分、ヘリの機影がレーダーから消え、同23分に現地消防署員が山中での炎上を確認した。
 鹿児島地方気象台によると、徳之島周辺では事故当時、海上濃霧警報が出されていた。
 鹿児島県危機管理防災課によると、徳之島・伊仙町在住の70歳代の女性が胸部大動脈瘤(りゅう)破裂の手術を受けるため、同ヘリで徳之島徳洲会病院から沖縄県の病院へ搬送される予定だった。女性は31日午前、海上自衛隊鹿屋航空基地のヘリで救急搬送された。【三森輝久、川島紘一】
 ◇CH47 大型輸送用に開発され、回転翼を前後に配置したタンデムローター式を採用したヘリコプター。事故機は、航行距離を延ばした改良型で95年度から導入されたCH47JA。災害派遣に多用され、新潟県中越地震で住民救出や食糧輸送に使われた一方、スマトラ沖大地震では着陸時に回転翼が起こした強風で住民2人が負傷した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070331-00000024-maip-soci&kz=soci
posted by nwesty at 21:01 | 社会
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。