2007年03月29日

パリスの処女を奪ったのは自分だと大アピールする男現る

『プリティ・ライフ パリス・ヒルトンの学園天国』に出演しているランディ・スペリングが、ヒルトンの処女を奪ったのは自分だ、と告白している。「デイリー・ミラー」紙によると、スペリングはアメリカのテレビ番組で、10代のころに二人が恋人同士であったと語った。「2か月くらい付き合っていて、ある日、パーム・スプリングへ出かけたんだ。パリスのお祖母さんが彼女を探していたから、彼女の名前ではホテルにチェック・インできなかった。彼女は当時15歳で、僕は17歳だった」と語った。さらに「つい最近クラブの外で彼女に会ったとき、『ランディは私の処女を奪った人よ、あいさつしなくちゃ』なんて言っていたよ」と、大物セレブの“初めての相手”であることを豪語していた。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070329-00000012-flix-movi
posted by nwesty at 13:41 | 芸能
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。