2007年03月28日

浜田師ソレソレー、思いよ届け/大阪杯

願いよ届け−。今週の阪神メーン大阪杯(G2、芝2000メートル、4月1日)に出走するホッコーソレソレー(牡5、栗東・浜田)が、初重賞制覇で入院中の石山繁騎手(30)にエールを送る。落馬による脳挫傷で、いまだ意識は戻っていないが、浜田光正師(68)は、ソレソレーの活躍が回復を後押しすると信じている。
 ホッコーソレソレーが前走の大阪城Sで光を見いだした。これまでの後方待機策ではなく、好位から抜け出しを図る競馬で2着に入った。浜田師は「意識的に前で競馬をしてみた。最後の直線で勝ち馬にぶつけられたが、どういう競馬でもできるという収穫はあった」と笑顔を見せた。昨年の2冠馬メイショウサムソン相手に、どれだけやれるのか。結果によっては、大きい舞台も見えてくる。
 同馬の活躍を願う理由はそれだけではない。厩舎の所属ジョッキー、石山繁騎手が、2月24日の障害戦で落馬。脳挫傷で今も意識不明の状態が続いている。厩舎の看板馬ソレソレーの優勝報告が、最高の見舞いになるのは言うまでもない。浜田師は「週末、阪神に行った時に様子を見に行っている。まだ意識はないんだが、先週あたり声をかけたら目を開けたんだ。自分のことが分かったのかな」。16日にはICU(集中治療室)からHCU(準集中治療室)へ移った。容体は安定している。愛弟子のためにも、ここは全力で仕上げにあたる。
 過去にビワハヤヒデで菊花賞、天皇賞(春)、宝塚記念を制し、ファレノプシスの桜花賞、秋華賞を含めG1を7勝。重賞19勝を重ねてきた浜田厩舎だが、平地重賞は00年以来遠ざかっている。「出来はいいよ。石山はソレソレーに乗ったことはないんだが、ずっとうちの厩舎にいるし、重賞で走ればきっと喜んでくれる。それで、力を与えてあげられたらいいね」。がんばれ石山! 負けるなソレソレー! 【和田美保】


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000000-nks-horse
タグ:競馬
posted by nwesty at 12:48 | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。