2007年03月28日

“南関東の刺客”エミーズ反応良し

「桜花賞・G1」(4月8日・阪神)1週前追い切り、地方・南関東から初めてJRAのクラシックへ挑む船橋のエミーズスマイルが27日、地元・船橋競馬場のダートで追い切られた。
 午前6時、桜花賞の特殊ゼッケンをつけたエミーズスマイルが馬場へ。入念なウオーミングアップを終えて、6F標過ぎからスタート。ゴール前で軽く気合をつけられると、瞬時に反応してフィニッシュ。5F64秒6-37秒6-12秒3。「体が増えているので、ある程度気合を入れておいた。これで良くなるでしょう」と、調教パートナーの松田助手に笑顔が浮かぶ。
 地方競馬から桜花賞へ挑戦するのは、95年のライデンリーダー(笠松=4着)以来のこと。「きょうの動きも良かったし、楽しみにしているよ」と出川龍師。最終追い切りは4月3日に船橋で、主戦・内田博が騎乗。レース前日に阪神競馬場へ移動する。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000001-dal-horse
タグ:競馬
posted by nwesty at 12:45 | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。