2007年03月26日

【GOLF】L.オチョア、今季初優勝! 藍59位タイ終戦

ロレーナ・オチョア(メキシコ)が2年連続賞金女王に向け、待ちに待った今季初優勝を飾った。

 米女子ツアー、セーフウェイ・インターナショナル最終ラウンド(現地時間25日、アリゾナ州スーパースティション・マウンテンG&CC)は、4打差単独首位でスタートしたオチョアが女王らしい堂々としたプレーを展開。前半こそ足踏み状態だったが、勝負どころの14番以降一気に爆発した。

 14、15番連続バーディの後、追い上げてくるスーザン・ピーターセン(ノルウェー)を突き放すように17番で3メートルのバーディパットを沈め、通算17アンダー。最終18番でもとどめのバーディを奪い、さらにスコアを伸ばす。気勢をそがれたピーターセンは通算16アンダーに止まり、2打差でオチョアが逃げ切った。

 一昨年の同大会では、4打リードで最終日終盤を迎えながら、アニカ・ソレンスタム(スウェーデン)に追いつかれてプレーオフ負け。2年越しの勝利に晴れ晴れとした表情を見せたオチョアが、次週に控えたクラフト・ナビスコ選手権で初のメジャータイトルを狙う。

 通算10アンダー3位タイにジョン・ジャン(韓)、ローラ・ディアズ(米)が続き、アニカは通算7アンダー8位タイ。ポーラ・クリーマー(米)は通算6アンダー11位タイで4日間を終えている。

 また、ギリギリで予選通過を果たし、第3ラウンドで49位タイと順位を上げていた宮里藍は、2バーディ、3ボギー、1ダブルボギーの3オーバー75とスコアを崩し、通算6オーバー59位タイ。開幕戦で傷めた手首をかばう余り、ショットの練習が不足していたツケが最後まで響き、米ツアー2年目の試練にさらされている。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000404-ism-spo
posted by nwesty at 11:48 | スポーツ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。