2007年03月26日

伊勢丹が東急百貨店と業務提携で調整、27日にも決定へ

百貨店業界5位の伊勢丹<8238.T>が、東急百貨店に加え親会社の東京急行電鉄<9005.T>の3社で業務提携に向けて調整に入ったことが分かった。資本面での提携はないが、アパレル系企業に影響力強く、収益力の高い伊勢丹のノウハウを東急百に提供することが業務提携の柱。3社は27日の取締役会で正式に決定する見込み。複数の関係筋がロイターに明らかにした。
 百貨店業界では、売上高で4位の大丸<8234.T>と同8位の松坂屋ホールディングス<3051.T>が9月に経営統合して、首位の高島屋<8233.T>を上回ることになるほか、同7位の阪急百貨店<8242.T>が阪神百貨店と関係強化に動くなど、業界再編が活発化している。
 伊勢丹は26日、東急百貨店との業務提携について「当社として機関決定したものではない」として、東急は「決定次第、速やかに発表する」とのコメントを発表した。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000520-reu-bus_all
posted by nwesty at 11:39 | 経済
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。