2007年03月26日

マイケル・ベイ、SF映画を製作

8月4日日本公開予定の『トランスフォーマー』のマイケル・ベイ監督とアレックス・カーツマンとロベルト・オーチーが再びコンビを組んで新作映画『2012』(原題)を製作することが明らかになった。作品は、『デイ・アフター・トゥモロー』や『ハンガー』で知られるホイットリー・ストリーバーの刊行予定の小説を映画化するもので、2012年ノストラダムスの予言通りに巨大な彗星が地球に衝突して人類が滅亡するかもしれないというSF映画だ。撮影は今秋から開始される予定だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070326-00000036-flix-movi
posted by nwesty at 11:38 | エンターテイメント
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。